スポンサーサイト

  • 2012.11.17 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    アプリレビュー005 afterFocus

    • 2012.03.28 Wednesday
    • 21:25
    最近人生を見つめ直そうかと思っているわかめです。
    こんばんは。

    さて、5回目はリリースして1週間のafterFocusをレビューしてみます。

    アイコンタップでappStoreへ!


    このアプリは指定したところ以外をぼかしてくれるBlur(ブラー:ぼかし)系アプリです。
    ブラーアプリといえば、BlurFX、Biglens、fingerfocus、iQuikDoFなどありますね。

    みなさんもお持ちのものがあるかもしれません。

    今回なぜその古株達よりこちらをレビューしようとしたのかといいますと、私が使ってみて簡単かつナチュラルにボケるなーと感じたからです。また今後、他のBlur系をレビューするつもりではいますが。
    ま、新しいもの好きでもあります。

    さて、まず開いてみましょう。

    真ん中のカメラロールから、画像を開きます。

    今回はiPhoneで撮影したこのペンギンを加工してみます。


    画像をひらくとこんな感じ。


    このアプリはモードがふたつあります。
    スマートモードと、マニュアルモードです。
    スマートモードはボカしたくない部分、ボカしたい部分、を大雑把にすーっとなぞるだけ。
    オートである程度境界を認識してくれます。
    細かい部分はやはり指でちまちましなくちゃだめなんですが。

    まずはスマートモードでやってみましょう。
    ペンギンにフォーカスをあてたいので左下のfocusを押した後にくるくるっとペンギンをなぞります。
    白ペンで塗ったようなあとがそれです。
    テキトーです(笑)

    そして背景の部分をbackgroundを押してテキトーになぞります。黒ペンで書いたような跡がそれです。
    これだとまだ綺麗に選択できてませんね。
    その後は右上にある筆のアイコンを押してマニュアルで拡大して細かく塗ったり消したりしていきます。


    そしてできたのが、これ。

    ペンギンだけが赤く選択されてますね。

    そして右上の三角を押すと…

    てってれー!
    背景が綺麗にぼけてるのがわかりますね。
    こうして簡単に一眼レフで撮影したような効果を得る事ができます。

    更にこのアプリはボケをマイルドにしたいところを選択できる機能があるんです。
    例えば、飼育員の足をややボケにしたい場合…

    Midを押して飼育員をなぞります。
    色はほんのり赤く付きます。

    すると、

    こんな風にややボケになりました。

    ボケはレンズブラーと、モーションブラーが選べます。

    レンズブラー


    モーションブラー
    (これはボケてる部分に動きを与えるようなぼかしです。ペンギンが動いているように見えませんか?)


    そしてfadingBGで、ボケを上からグラデーションかけられます。
    地面に立ってるような写真の場合自然なボケにできます。

    ペンギンの足元がクリアに近づいたでしょ?

    さらにここからフィルター1でエフェクトをかける事もできます。

    カラーエフェクト


    クロスプロセス等

    そしてフィルター2ではビネット(周辺光量落とし、もしくはトンネル効果)加工したり、フォーカスのあってる場所をシャープネスにしたりもできます。

    ビネット加工


    縁取りスケッチ加工


    シャープネス加工

    お好みに合わせていじり倒してください。
    これだけでもたくさんの事ができるので、ちょっとアクセントをつけたい時とかにオススメです(^-^)


    ※現在価格85円

    アプリレビュー003 Rays

    • 2012.03.23 Friday
    • 17:50
    わかめは100g食べても45kcalしかないと知ってルンルンになりました。
    こんばんは。わかめです。

    さてさて3回目はリリースしてまだそんなに経ってないRaysをレビューしてみます。

    アイコンタップでappStoreへ!


    このアプリは陰影の強い写真に自然な光の差し込みを追加してくれる、ただそれだけのアプリです。
    ただそれだけ、なんですが写真をドラマチックに演出してくれる効果が簡単に得られます。

    それではまず開いてみます。


    左上のアイコンからカメラロールを開きます。
    今回は3/14にopenした京都水族館のイルカショーの写真で加工してみます。


    開くとこんな感じ。

    おお、開いただけで光追加されとる。
    光の中心点は指で好きなところに移動できます。

    こんな感じ。


    そして下のスライドバーで光の量と範囲を調節できます。
    Raysにした状態でバーを動かしてみると…

    ふむふむ。
    これは好みで調節して下さいね。

    そして、Raysの横、colorがありますね。
    これで光の色を変えることができます。

    ちゃーん!
    黄色で夕日っぽくして見ました。

    そしてその横のopacityでシルエット部分の濃さなども調節できます。
    色をオレンジに変えたあとでいじってみます。


    さっきより人々の部分が濃くなりました。
    陰影を強く出したい時には便利ですね。

    尚、このスライドバーは数値でも入力できます。
    指で微妙な調節がむつかしい時はスライドバーを長押ししてみてください。
    すると入力画面がでてきます。

    好きな数値をいれるだけです。

    このアプリを使った作品はこんな感じです。




    このアプリは少し前に無料キャンペーンしてました。
    また下がることもあるかもしれませんね。
    気になる方はお試しあれ〜

    ※現在価格85円

    アプリレビュー001 Fx photostudio

    • 2012.03.19 Monday
    • 20:00
    一番最初の記事は、私がiPhoneで加工しはじめた1年前に、大量エフェクトに感激しDLしたfx photostudioです。


    ひらくと、こんな画面。


    実はこのトップ画面、ひまわりの中にインカメラの映像が映るという細工あり。

    カメラロールから画像を選ぶときは下段真ん中のひまわりアイコンから。
    好きな画像をセレクトします。


    IGerには嬉しいスクエア対応ですが柄物のエフェクトは縦に伸びるような気がします。そこだけ要注意ですね。


    こんな感じでカテゴリ別エフェクトが見れるのと


    効果がわかりやすいサムネイルでみれるのと


    自分の好きなエフェクトをお気に入りにいれることができます。
    190もあるエフェクトなので好きな物はここに入れると後で使いやすいですね。

    今回は試しに水面ゆらゆら加工をしてみます。


    おお、水中花のようだー。
    エフェクトの強さはスライドバーで調整できるのでお好みで。

    以前はこれでおしまいだったのですが、何回か前のアップデートでここから少し進化しました。
    かけたいエフェクトを指でなぞって部分エフェクトがかけられるようになったんですねー!これは画期的!

    そこで、今回は花びら以外を水面エフェクトかけてみました。
    チマチマチマチマ…やる事10分。


    テッテレー。できたわかめ\(^o^)/

    この作業で、

    こんな事もできるし、使い方はいろいろです。
    どんなエフェクトあるの?って方はツイッターでもここでも気軽にきいてみて下さいな。

    ※現在価格170円

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    翻訳

    wacamera (twitter)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM